アロマオイル(エッセンシャルオイル・精油)の効果・効能を紹介しながら、毎日の体や心のトラブルなど、メディカルな活用の仕方をメインに健康や体調管理にも役立つおすすめの使い方をご紹介します。

アロメディ〜メディカルアロマで体のトラブルを乗り越える〜

スパイス系

ブラックペッパー(アロマ)の効果・効能とおすすめの使い方

投稿日:

ブラックペッパーはその名のとおり、黒コショウから採れるスパイシーで刺激的な香りの精油です。

コショウは4000年以上前から希少価値のあるスパイスや薬草として取引されてきた歴史があります。

血行や消化促進など、さまざまな効果があります。

それでは、ブラックペッパーの効果・効能をみていきましょう。

[スポンサーリンク]


ブラックペッパーの効果・効能

ブラックペッパーの刺激的な香りには、体を温めて血行をよくするはたらきがあります。

筋肉痛をやわらげ、老廃物の排出を促すため、スポーツ前後のマッサージにも使用することができます。

スパイスとして料理に用いられていることからもわかるように、消化促進の作用もあります。

心への働き

気持ちをリフレッシュさせる
・冷淡になった心をあたため、情熱を取り戻す

体への働き

・体を温めて血行をよくし、代謝を促す
・便秘を解消し消化を助ける
筋肉痛や関節のこわばりをほぐす
むくみを改善する

肌への働き

打ち身の治りを促す

注意点

皮膚に刺激があるため、肌に使用するときは1%以下に希釈すること。

[スポンサーリンク]


ブラックペッパーの学名・成分・主な作用

学名・産地・採油方法

学名

Piper nigrum

科名 
コショウ科

おもな産地
ベトナム、インド、スリランカ、インドネシア、マダガスカル

採油方法
果実の水蒸気蒸留法

主な作用

  • 強壮作用
  • 去痰作用
  • 解熱作用
  • 抗カタル作用
  • 抗菌作用
  • 刺激作用
  • 消化促進作用
  • 鎮痙作用
  • 鎮痛作用
  • 利尿作用
  • リンパ排出促進作用

適用できる症状

  • 風邪
  • カタル症状
  • 筋肉痛
  • 消化不良
  • リウマチ
  • 浮腫(むくみ)
  • セルライト
  • 冷え

主な成分

モノテルペン類:リモネン、αピネン、βピネン、サビネン、カレン、αフェランドレン、テルピネン、ミルセン

セスキテルペン類:βカリオフィレン、α/βサリネン、βビサボレン、コパエン、エレメン、ファルネセン、フムレン

モノテルペノール類:α-テルピネオール、テルピネン4オール、リナロール、trans-ピノカルベオール

アルデヒド類:ピペロナール

オキシド類:カリオフィレンオキシド

香りの特徴

スパイシーでビターな鋭い香り

相性のいい精油

フローラル系
イランイランローズ

シトラス系
グレープフルーツベルガモットリツェアクベバレモンレモングラス

樹木系・樹脂系
サンダルウッドサイプレス、シダー、ジュニパーベリーフランキンセンス

おすすめのブレンド

消化促進のため…オレンジ、コリアンダー
リンパマッサージに…グレープフルーツ、ジュニパーベリー
香油に…イランイラン、ナツメグ

おすすめのメーカー

手に入りやすいもの

百貨店やネットで手に入りやすく、少量ずつ売られているため、初心者にもおすすめです。

当サイトでは体への作用、影響をふまえて、値段はやや上がりますがオーガニックのものをおすすめします。

メディカルグレードのもの

ヨーロッパの医療現場などで実際に使われている高品質のものです。オーガニック認証についても厳しい基準をクリアしています。

体の不調の改善に使用する場合は、できればこちらをおすすめします。

まとめ

ブラックペッパーの効果・効能はいかがでしたか。

少しクセのある強い香りですが、スポーツをする方や、体が冷えやすい方にはおすすめです。

気持ちの面では、落ち込んだ気持ちを元気づけ、気力を充実させる効果もあります。

香りが強いので、シトラスやフローラル系のブレンドにほんの少しだけ、加えてみてください。ぐっと魅力的な香りになりますよ。

以上、ブラックペッパーの効果・効能でした。

[スポンサーリンク]


-スパイス系

Copyright© アロメディ〜メディカルアロマで体のトラブルを乗り越える〜 , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.