アロマオイル(エッセンシャルオイル・精油)の効果・効能を紹介しながら、毎日の体や心のトラブルなど、メディカルな活用の仕方をメインに健康や体調管理にも役立つおすすめの使い方をご紹介します。

アロメディ〜メディカルアロマで体のトラブルを乗り越える〜

ホルモンバランス・女性の悩み

女性ホルモンの働きを助ける7つのアロマオイル

投稿日:

女性の体はデリケートなので、月経周期による変化だけでなく、ストレスや更年期でホルモンバランスが乱れることで、心身の不調が出やすくなります。

アロマオイルの中には、「ホルモン様作用」といって、女性ホルモンと似た働きをする作用をもつものがあります。

お気に入りの香りを取り入れることで、心身の不調がやわらぎ、憂鬱だった時期もリラックスして過ごせると思います。

それでは、女性ホルモンの働きを助ける、代表的な7つのアロマオイルをご紹介します。
(※妊娠中の方は使用を控えてください。)

[スポンサーリンク]


女性ホルモンの働きを助ける7つのアロマオイル

クラリセージ

出典:http://item.rakuten.co.jp/florihana/

フルーティーでややグリーン調の温かみのある香り

[効果]
・緊張や不安で疲労した神経をほぐす
・月経不順、生理痛、更年期障害の症状をやわらげる
・ドライスキンをケアする

女性ホルモンであるエストロゲンと同じ作用をする成分が含まれています。緑茶をフルーティにしたような甘い香りは、冷えや生理痛の原因であるストレスもケアします。

→クラリセージについて詳しくはこちら

サイプレス

ややスパイシーなヒノキに近い針葉樹系の香り

[効果]
・気持ちをひきしめ、冷静な判断を促す
・ホルモンバランスを調え、月経不順、更年期障害の症状を改善する
・汗を抑え、ニキビや脂性肌を整える

クラリセージ同様にエストロゲン様作用があり、月経のトラブルや更年期障害の症状を和らげてくれます。血液の循環を促進するので、生理や生理前のむくみにもおすすめ。さっぱりした香りで汗の匂いを抑える効果もあります。

→サイプレスについて詳しくはこちら

ゼラニウム

やや強めのフローラルグリーンの香り

[効果]
・沈んだ気分をやわらげ、明るく盛りあげる
・ホルモンバランスを整え、月経前緊張症(PMS)、更年期障害の症状をやわらげる
・皮脂のバランスをととのえる

バラに似たフローラルな香りには、心と体の両方に対してバランスを調整する作用があります。
心理面では、不安や悲しい気持ちを穏やかにし、身体面ではホルモンのバランスを整えます。生理痛だけでなく、月経前症候群(PMS)など生理に伴う憂鬱感、イライラもケアしてくれるでしょう。

→ゼラニウムについて詳しくはこちら

ローズ

華やかで豪華な深い花の香り

[効果]
・ネガティブな感情をほぐし、傷ついた心を癒やす
・ホルモンバランスを整える
・肌の再生力を高め、肌をひきしめる

エレガントなローズの香りは「女性のための精油」とも言われ、女性の体や美肌に嬉しい効果がたくさんあります。ホルモンバランスを整え、更年期や生理の悩みを改善するほか、心を癒やす効果もバツグンです。

→ローズについて詳しくはこちら

ジャスミン

甘くエキゾチックな花の香り

[効果]
・気持ちの高ぶりをしずめ、躁うつをやわらげる
・月経痛をやわらげ、母乳の出をよくする

うっとりとするようなジャスミンの香りには、ホルモンのバランスを調整して月経に伴うトラブルを緩和したり、子宮収縮を促す作用があるため分娩促進に用いられることもあります。母乳の出をよくするとも言われており、様々な面で女性に役立つ精油です。

→ジャスミンについて詳しくはこちら

フェンネル

草木のような深くて甘いスパイシーな香り

[効果]
・月経前のイライラした気分をしずめる
・むくみの改善、月経不順を正常化させる
・肌を清潔に保ち、丈夫にする

フェンネルには女性ホルモンのエストロゲンのような働きがあり、月経不順や更年期障害など女性特有のトラブルに役立つとされています。漢方では「茴香(ういきょう)」と呼ばれ、生薬としても用いられます。

→フェンネルについて詳しくはこちら

ジャーマン・カモミール

やや強めのりんごのような甘い香り

[効果]
・安らぎを与え、心地よい眠りにさそう
・更年期障害の症状を改善する
・虫刺されや肌荒れの炎症を抑える

りんごのような甘い香りのカモミール・ジャーマンには、生理痛や更年期障害の症状をやわらげる作用があります。肌の炎症にも効くので、肌荒れのケアにもおすすめです。

→カモミールについて詳しくはこちら

[スポンサーリンク]


おすすめのブレンドオイル

女性ホルモンを調整するアロマをバランス良くブレンドしたブレンドオイルも販売されています。

1種類のアロマだけだと香りがきつい、と感じる方、ブレンドするのが大変と感じる方は、ブレンドオイルを試してみてください。

ローズやジャスミンなど、単品だと効果な精油も、ブレンドオイルなら手軽に試せるのも魅力です。

ニールズヤード・ブレンドオイル「ウーマンズバランス」

ローズ、ゼラニウム、クラリセージがメインにブレンドされた女性向けのオイルです。やわらかい花の香りが、ストレスを和らげて傷ついた心を癒やします。リッラクスしたいときにもおすすめ。ニールズヤードで1番人気のブレンドオイルです。

GAIA・ブレンドオイル「幸せな人」

ローズ、ジャスミン、ゼラニウムのフローラルな香りで「恋する女性」をイメージしてブレンドされたオイルです。品があり、とても女性らしい華やかな香りで、幸せな気持ちにさせてくれます。

「女子のおまもり」エッセンシャルオイル

女性ホルモンの専門家が監修した、女性のためのブレンドオイルです。「柔(やわらか)」「安(やすらぎ)」「艷(つややか)」の3つのタイプがあり、それぞれハーブ系、柑橘系、フローラル系と違うブレンドになっているので、お気に入りを1つ選んでも3種類を使い分けてもOKです。

日中はハンカチに垂らして、夜はアロマバスとしてなど、シチュエーションや症状ごとにお気に入りの香りを選びながら、女性ホルモンのケアもできるのでおすすめです。



まとめ

女性ホルモンのバランスを整えるアロマ、いかがでしたか。

比較的香りの強い精油が多いので、シングルオイルの場合は好きな香りとブレンドすると使いやすいと思います。

何の精油でも相性のよいラベンダーや、オレンジを始めとしたシトラス系の精油とブレンドすると、香水のようないい香りになってうっとりすると思います。

ぜひ、アロマを取り入れて女性特有のトラブルを乗り切ってみてください。

[スポンサーリンク]


-ホルモンバランス・女性の悩み

Copyright© アロメディ〜メディカルアロマで体のトラブルを乗り越える〜 , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.