アロマオイル(エッセンシャルオイル・精油)の効果・効能を紹介しながら、毎日の体や心のトラブルなど、メディカルな活用の仕方をメインに健康や体調管理にも役立つおすすめの使い方をご紹介します。

アロメディ〜メディカルアロマで体のトラブルを乗り越える〜

スパイス系

コリアンダー(アロマ)の効果・効能とおすすめの使い方

投稿日:

コリアンダーは日本ではパクチーの名でおなじみで、葉はインド料理、中華料理やタイ料理などに使われています。

エッセンシャルオイルはおもに種子から抽出されます。

少し強めのスパイスの香りは、消化器系の不調を改善するほか、循環促進や強壮作用など、さまざまな作用があります。

それでは、コリアンダーの効果・効能をみていきましょう。

[スポンサーリンク]


コリアンダーの効果・効能

料理に使われることからもわかるように、消化促進や消化器系のトラブルを改善する働きがあります。循環系にも作用し、デトックスを促す作用もあります。

精神的には、疲れた気持ちに活力を与えるほか、意識をはっきりとさせて記憶力を高めるので、勉強や仕事に集中したいときにもおすすめです。

心への働き

・疲れて弱った気持ちに活力を与える

体への働き

消化を促し、食欲を増進させる
・体を温め、血行をよくし、体内の毒素を排出する
・炎症を抑え、関節痛、腰痛、のどの痛みなどをやわらげる

肌への働き

・肌を引き締める

注意点・禁忌事項

特になし

[スポンサーリンク]


コリアンダーの学名・成分・主な作用

学名・産地・採油方法

学名

Coriandrum sativum

科名 
セリ科

おもな産地
ロシア、エジプト、ベトナム

採油方法
果実、種子の水蒸気蒸留法(葉から作られるオイルもある)

主な作用

  • 強壮作用
  • 駆風作用
  • 健胃作用
  • 高揚作用
  • 抗炎症作用
  • 抗菌作用
  • 刺激作用(心臓、循環、神経系)
  • 消化促進作用
  • 鎮痛作用

適用できる症状

  • 関節炎
  • 消化不良
  • 食欲不振
  • 鼓腸
  • 水分の停滞
  • 疝痛
  • 全身疲労時
  • 無気力
  • 不安症
  • リウマチ

主な成分

[種子]
モノテルペノール類:d-リナロール、ゲラニオール、テルピネン−4−オール
モノテルペン類:α−ピネン、テルピネン、リモネン、ミルセン
ケトン類:ボルネオン
エステル類:酢酸ゲラニル、酢酸リナリル
クマリン類:ウンベリフェロン、ベルガプテン

[葉]
アルデヒド類:ドデカナール、デカナール、9−テトラデカナール、オクタナール、トリデカナール、ウンデカナール

香りの特徴

シトラスの香りをともなうスパイス調の香り

相性のいい精油

フローラル系
イランイランジャスミンゼラニウムネロリラベンダー

シトラス系
オレンジグレープフルーツプチグレンベルガモットマンダリンリツェアクベバレモンレモングラス

ハーブ系
ローズマリー

樹木系・樹脂系
サンダルウッドサイプレス、シダーウッド、ジュニパーベリーパイン

おすすめのブレンド

消化促進のため…ベルガモット、ローズマリー
ストレス時、強壮のためのマッサージに…イランイラン、グレープフルーツ、ジンジャー
関節炎に…パイン、ジュニパー、レモン

おすすめのメーカー

手に入りやすいもの

百貨店やネットで手に入りやすく、少量ずつ売られているため、初心者にもおすすめです。

当サイトでは体への作用、影響をふまえて、値段はやや上がりますがオーガニックのものをおすすめします。

メディカルグレードのもの

ヨーロッパの医療現場などで実際に使われている高品質のものです。オーガニック認証についても厳しい基準をクリアしています。
体の不調の改善に使用する場合は、できればこちらをおすすめします。

まとめ

コリアンダーの効果・効能はいかがでしたか。

少しクセのある香りなので好き嫌いが分かれるかもしれませんが、イランイラン、ジャスミン、ラベンダーなどの花の香りとよく合うので、ブレンドして使ってみてください。

以上、コリアンダーの効果・効能でした。

[スポンサーリンク]


-スパイス系

Copyright© アロメディ〜メディカルアロマで体のトラブルを乗り越える〜 , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.