アロマオイル(エッセンシャルオイル・精油)の効果・効能を紹介しながら、毎日の体や心のトラブルなど、メディカルな活用の仕方をメインに健康や体調管理にも役立つおすすめの使い方をご紹介します。

アロメディ〜メディカルアロマで体のトラブルを乗り越える〜

運営者プロフィール

cosmos

はじめまして。ブログを運営しております、しずです。
編集の仕事をしながら、アロマテラピーについて専門的に学んでいます。

私のアロマとの出会いは、大学3年生のときです。

実は高校卒業したあとに家族が鬱病になり、
私もストレスからパニック障害を発症するようになりました。

とあるきっかけで、
他大学で行われているアロマテラピー講座に参加してみました。

そこで学んだのは、アロマテラピーの扱い方から、
脳や身体に作用するしくみ、
効果的なマッサージの仕方、蒸気吸入の仕方、
自分に合ったエッセンシャルオイルの選び方などです。

講師の先生にパニック障害のことを相談すると、
パニック障害に適したオイル
(イランイラン、フランキンセンス、ベンゾインなど)を
教えてくれました。

それ以来、発作で眠れないときなどに、
エッセンシャルオイルの香りを嗅ぐようにすると、
安心して眠ってしまうようになったのです。

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-2

そうするうちになんとかパニック障害を克服したのですが、
社会人になると、
今度は慢性的な体調不良に悩ませるようになりました。

編集系の仕事につき、不規則な生活が続いたせいもあり、
頭痛や胃腸炎、吐き気などに悩まされました。
生理痛もひどく、薬なしではいられないほどでした。

けれど社会人になると、しょっちゅう休むわけにも行きません。
もともと体力があまりなく、虚弱体質だったというのもありますが、
自ずと薬を服用する回数が増えてしまいます。

「これじゃ薬漬けだ・・・」

そう思って頭を抱えていた私は、
とある本がきっかけで「メディカルアロマ」という考え方に出会います。

日本ではリフレッシュとしてや、趣味で香りを楽しむ、
というくらいにしか認識されていないアロマテラピー。

なんと、フランスでは医師が処方箋を出して
薬局で販売しているというのです。

少しずつメディカルアロマの治療法を取り入れはじめ、
まずはストレスや寝不足からくる吐き気を、
エッセンシャルオイルを使って抑えることから始めました。

そうして、ちょっとした不調があるたびに
アロマテラピーで少しずつ症状をやわらげていき、
いまでは頭痛や生理痛などの薬をほとんど飲まなくなったのです。

それどころか、朝すっきりと起きられるようになったり、
定期的に訪れていたウツ気分から解放されたり、
風邪をひきにくくなったり、
肌あれが治まったりと、いいことずくめです。

アロマテラピーって本当に役に立つんだ、
ということを他の人にも伝えたい。

そしてこの快適さ、気持ちよさを、
多くの人に味わってほしい。

そういった思いから、ブログを立ち上げました。

herb

頭がいたい、胃がむかむかする、足がむくむ、風邪ぎみ、
落ち込んで立ち直れない、疲れてやる気がでない、なかなか寝付けない・・・

仕事をしている方も、主婦の方も、忙しく活動する学生の方でも、
ほとんどの方がこういった「ちょっとした不調」を体験していると思います。

こういったことを「忙しいからしょうがない」と諦めていませんか。

けれど私は、そんな忙しいあなたにこそ、
アロマテラピーを取り入れてほしい、と強く思います。

なぜなら、忙しい方こそ
「体調を崩しているヒマがない」はずだからです。

私自身が、深夜まで続く多忙な仕事をし続けるために、
アロマテラピーにずいぶん助けられてきました。

忙しくても、手軽に、気持ちよく、健康で快適になれる。
そんなアロマテラピーの使い方をお伝えしていこうと思います。

また、このプロフィールを読んでいる方のなかには、
過去の私のように、パニック障害や鬱などの精神疾患
真剣に悩んでいる方もいるかもしれません。

パニック障害や鬱というのは、とてつもなくつらいです。
そのつらさといったら、人には語れないくらいです。
ときには死んでしまったほうがまし、と思うくらいです。

でも、私がアロマテラピーの先生にパニック障害を相談したとき、
こう言われました。

「かならず良くなりますから」

まだ数回しか会ったことのない私に、先生はこう言ってくれたのです。

精神疾患を治すためのひとつの重要な要素として、
「かならず良くなる」と自分で信じる、
あるいは誰かが信じてくれている、ということがあると思います。

いまこのプロフィールを読んでいて、
精神疾患に悩んでいるあなたは、
もしかしたら自分では「かならず良くなる」なんて信じられないかもしれません。

でも安心してください。

私が信じます。

いま精神疾患で苦しんでいるあなたの症状は、
かならず良くなります。

だって私がそうだったからです。

そしてアロマテラピーは、あなたが良くなることを、
必ず助けてくれます。

あなたのためにぜひ、私のブログを使ってください。

pretty-woman-1509956_1280

幸せに快適に暮らしたいと思うとき、あなたは何をしますか?

お金がほしい、時間がほしい、旅行へ行きたい、仕事を楽にしたい・・・。

そういったことを叶えることも、確かに大事です。
しかしそういったことは、なかなかすぐに叶いません。

それよりも、いちばん早く、確実に「幸せで快適」と感じる方法は、
日々の「ちょっとした不調」を徹底的に取りのぞくことなんです。

このブログを参考にしていただき、
中のレシピを実践していただいたあなたはきっと、

肩こりが少し、楽になります。
頭痛が少し、楽になります。
身体の疲れが少し、楽になります。
朝起きるのが少し、楽になります。
夜眠るのが少し、楽になります。

そうした「少し、楽になる」ということを繰り返していくと、
気がついた頃には、あなたが描いていた大きな夢が
ぐっと近づいているのを感じるでしょう。

精神疾患をもっているあなたも、同じです。
「元気にならないといけない」と思うと、かえって苦痛になります。
そうではなくて、ただ、

今よりも少し、ましな気分になる。
さっきよりも少し、悲しみが和らぐ。
昨日よりも少し、生きようかなと思う。

このブログを参考にしながら、
気に入ったレシピを何度か試していくと、
少しずつ、そういった気持ちになると思います。

そうした「ちょっとましな気分」「さっきよりはいい気分」になることを、
繰り返してみてください。
ちょっとずつ、ほんのちょっとずつで良いのです。

最初は気休めにしか感じないかもしれません。
それでもかまいません。

あきらめず、繰り返してみてください。
するとだんだん、気持ちが安定してきます。
気持ちが安定すると、パニックや不安発作の回数が、
少しずつ、少なくなっていきます。

「毎日のちょっとした不調を取り除く」
「いまよりほんのちょっとだけ、ましな気分になる」

あなたのそんな心がけを、このブログが応援します。
そしてそれは、
その先にある大きな夢へとつながる一歩になるのです。

***

「でもアロマって本当に効果があるの?」
「どうやって選んだらいいの?」

そんなあなたは、
まずはこちらの記事を読んでみてください。

アロマテラピーとは?アロマテラピーはなぜ心と体に効くのか?

試してみようかな、と思うのであれば、
気になるエッセンシャルオイルを一つ買ってみる、
もしくはお店に行って香りを書いでみてください。

本格的に始めよう、と思う必要はありません。
まずはちょっと香りを試してみる。

そこからあなたの「幸せで快適な毎日」が始まります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

投稿日:2016年11月12日 更新日:

Copyright© アロメディ〜メディカルアロマで体のトラブルを乗り越える〜 , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.